読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群馬県高崎市の元氣が一番整体室・「お役にたてれば幸いです」

群馬県高崎市の整体院 元氣が一番整体室では 人体生理・人体力学に基づいた無痛整体で、皆様の健康生活をサポートしています。 どこへ行っても良くならなかった人、本気で改善したい人、ぜひご相談下さい。 無料相談電話027-326-3323 又は090-4832-2004までどうぞ!

前十字靱帯断裂・半月板損傷の既往歴のあるひざ痛 2

ひざ痛・前十字靱帯断裂、半月板損傷
「このまま歩けなくなっちゃうんじゃないかと不安です」

ひざ痛で来室のAさん(50代女性・営業職)


学生時代にスポーツで右膝の前十字靱帯を断裂、

その後内側半月板も損傷してしまったそうです。


前十字靱帯は断裂したまま、

内側半月板は切除しているそうです。


その後は日常生活は普通に送れるまでに回復していましたが

2~3年くらい前から右膝の痛みが発症し

現在では歩くのもままならないようになってしまいました。



初回来室時の症状は

膝の屈曲60度位で痛い、伸展も伸ばしきれない。

右足に体重がかかると痛い、

膝蓋骨下に圧痛、でした。


病院では「ひざ関節が変形していて

ゆくゆくは人工関節の手術が必要ですが

人工関節は20年で入れ替える必要があるので

今は筋トレや装具などを使って

なるべく手術を遅らせましょう」
と云われています。


来室時は不安感が強かったので

「前十字靱帯断裂や半月板損傷でも

日常生活に支障がないくらい回復している方も大勢いらっしゃいます。


こちらの整体室でも痛みの軽減例は多くあります。


心配なのはわかりますが、お医者様の診断は診断として

ちょっと横に置いておいて

手技療法でどの位痛みが減るか試してみましょう。」



と施術に入りました。




3回目(4日後)

「仕事(営業)で長く歩くとひざの内側が気になります。」


痛いまではいきませんが、違和感が出るようです。

が、初回の歩くのも痛い状態を考えれば

見事な回復力です。


ひざの内側から内転筋にかけて圧痛があります。



今回も座位でセルフで圧痛を軽減させてみます。

横引きや絞りで緩めると

「さっきよりは良いみたい」

と圧痛もまだ残りますが少し楽に。


膝の痛みが軽減して少し動き過ぎているのかもしれません。

また膝を庇う動作が癖になって

内転筋に負担をかけているのかもしれません。



仰向けになってもらうと今までは伸びずらかった膝も

「けっこう楽に伸びます。」

膝蓋骨下の圧痛も取れています。


体幹の循環を高める操法をしていきます。


循環を改善した後は

内転筋の張りの原因を探していきます。


骨盤・股関節は動きがよくなっています。

膝は少し動きが硬いので調整しておきます。


ここまでではまだ内転筋の圧痛は少し残ります。


次に体幹の筋肉をチェックしていきます。


筋力検査をしていくと右の大腰筋が弱化しているようです。


今まで痛みを取るために病院で指導され

膝周辺(主に大腿部)の筋トレをしていたそうですが

大腰筋が使えないために余計に大腿部に負担がかかっているのかもしれません。



大腰筋を軽く刺激するように

インナーマッスル活性化法をすると

先程の内転筋の圧痛も

「今は大丈夫」と取れてくれます。


痛みを庇う身体の使い方や

大腿部の筋トレでバランスが崩れている可能性が考えられます。


大腰筋のセルフエクササイズを指導して次回としました。
 
 
 
半月板損傷・膝関節症・階段の昇降で痛いひざ痛は
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!