読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群馬県高崎市の元氣が一番整体室・「お役にたてれば幸いです」

群馬県高崎市の整体院 元氣が一番整体室では 人体生理・人体力学に基づいた無痛整体で、皆様の健康生活をサポートしています。 どこへ行っても良くならなかった人、本気で改善したい人、ぜひご相談下さい。 無料相談電話027-326-3323 又は090-4832-2004までどうぞ!

両足のカカト痛で成長痛と云われた中学生

成長痛・カカト痛 スポーツ傷害・かかとの成長痛

両足のカカト痛で歩くのも痛そうに来室のD君(中1バスケ部)。

中学生になって部活を始めた頃から

両足のカカト痛になり病院では成長痛と診断されました。



初回来室時は特に痛みが強かったようで

歩くのも(足を着くのも)大変そうでした。

痛みはカカト周辺の圧痛と

足首を伸ばして(底屈)の痛みが主でした。

 

 

 

初回


最初にカカト周辺の圧痛からとっていきます。

組織復元法で周りから徐々にカカトの方へ。

片足それぞれ数十秒くらいで痛みが軽減してきます。


次に関節動作法で足首の底屈痛を取っていきます。


片足はやり方を説明しながら私がやって見せ

もう片足はD君にやってもらいます。


これはセルフエクササイズとしてD君にも覚えてもらいます。

 

 

次に首・骨盤の調整で体液循環を促進し自然治癒力を高める操法

 




その後は四肢の関節を調整して再度確認です。


立ち上って足踏みをして「痛くない」

軽くジャンプをしてみても「痛くない」

 



ほぼ痛みは取れてくれたようです。


成長痛と云われていますが

このカカト痛はオーバーユースによる

関節包内運動の不正による痛みです。

足関節の動作を調整し周辺(主にふくらはぎ)の

筋緊張が取れれば痛みは落ち着いてくると思われます。


 

 

 


 

2回目(10日後)

 



少し間隔が開きました。

歩く姿は自然に歩けています。


練習後に痛みは少し残りますが

「かなり楽になりました。」

痛みは軽減しているようです。


今回はカカトの圧痛はほとんど残っておらず

着いた時のカカトの痛みも

ジャンプの着地で少し痛みが残っていました。

前回の足を庇って操法室は行ってきた姿がウソのようです。



今回も残っている痛みをセルフエクササイズで改善していきます。

カカトの圧痛はそれ程強くないので

ふくらはぎの緊張緩和から。


片足数十秒ずつ行い

その後に足首の底屈・背屈の関節動作法をD君自ら。


これでジャンプした時の着地の痛みは取れてくれました。


これからは痛みのない状態を安定させるための施術です。

 

 

基本の体幹の循環を高める操法をします。



次に、D君の場合は骨盤の後掲傾向があるので


大腰筋を活性化するようにマッスルエナジーテクニックを使ってみました。



部活でも体幹を鍛えるエクササイズを行っているようですが

どちらかと云うとアウターへ利いているように感じました。



当室ではもう少し弱めで「力感・頑張った感」が

出ない程度の強度で大腰筋を刺激していきます。



ここで再

 

確認です。


ジャンプや膝の屈伸など動作確認をしても

痛みが出ないかったのでエクササイズのおさらいをして次回としました。



小学生高学年から中学生にかけては

身体の成長に個人差が目立つ頃です。



怪我・故障防止には体力・体格に応じた

きめ細かいトレーニングメニューが必要です。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

 

f:id:genki-1ban:20151011094732j:plain